ブログトップブログトップ | ログイン

ウクライナ侵攻と戦争の本質と日本

GWも後半の5月5日の今日、仙台は好天に恵まれました。行動制限がないGWは3年ぶりで、行楽地は賑わい、また、首都圏へのUターンで新幹線や飛行機は満席、高速道路も渋滞というコロナ以前の状況が戻ってきたかのようです。
一方で、激しい戦闘状況が続くウクライナの現実に、特に一般市民の悲惨な状況を私たちは毎日、毎日、知らされています。
ロシアの本格的な侵攻開始は2月24日ですから、戦争が始まってもう2ヶ月半にもなるのに、停戦に至る道筋は見えていません。それどころか、ロシアは5月9日の戦勝記念日に向けて猛攻を開始しようとしているようです。
ロシアによる一般市民の虐殺を世界は非難しますが、戦争とはそういうものです。戦国時代、織田信長は敵対する領主の村を焼き討ちにして、多くの女、子供を殺したそうです(豊臣も、徳川もでしょうが)。太平洋戦争(第2次大戦)では、アメリカは日本全土に空襲を行い、東京大空襲ではのべ11万5千人が死亡したそうです。そして、広島、長崎の原爆投下で22万人が亡くなっています。旧日本軍も中国戦線や東南アジアの戦線で、一人も民間人を殺していないはずがありません。
民間人を殺すことには、大きな目的があります。敵国国民の厭戦気分を煽るためです。民間人を殺さない戦争はないのです。
権力者が戦争を始めるのですから、理由はなんとでも付けられます。「自衛のため」とプーチンは言っているではないですか。ウクライナの状況を見て、日本も軍備を拡張すべきだ、核を持つべきだ、という世論が広がっています。軍備拡張の終点は核保有です。核を持ったら、日本は強くなるのでしょうか?確かに北朝鮮は核を持っているが故に、アメリカは手を出せません。日本は島国です。先制攻撃で核を打ち込まれても、ヨーロッパのように陸続きではないので、日本だけの被害で済むのです。では、もし、日本が有事の際にアメリカはどう動くか?今のウクライナを見てわかるように、第三次大戦の危険を孕むから、アメリカは日本を助けてはくれないでしょう。今回の件で、アジア諸国を代表して岸田総理がプーチンに電話会談を申し込むとか、あるいはアメリカの代理として、ロシアを訪問して、プーチンに会うとか、やったら、すごいのですが、ま、できないでしょうね。日本は国家意志がない国ですから。

# by anzen-pro | 2022-05-05 20:15

何が正しくて、何が間違いなのか

新年明けましておめでとうございます。
令和4年1月1日元旦の仙台は、大晦日に降った雪で、銀世界となりました。
北陸地方の大雪に比べたら、銀世界はオーバーな表現かもしれません。
関東以南の人が考えているほど、仙台は雪は多くはないです。
今年こそ、コロナが収束(終息)することを願うばかりです。
それにしても、医学がこんなに進歩しても、打ち勝てないとは・・
日本は世界の中で感染者が少ないと言われてきたのは、PCR検査の実施者数が諸外国と
比べて圧倒的に低かったからです。新型オミクロン株の脅威が取り沙汰され始めた昨年
10月頃から民間のPCR検査の機関が続々と出てきた。一昨年、米国やイタリア、オーストラリアのPCR検査者数が人口の40%を超えていたときに、日本は4.4%で一桁違っていた。それもそのはず、PCR検査は信頼性が低いと、政府や専門家が消極的だった。感染者数を減らしたいという意図があったとしか思えない。GOTOトラベルにオリパラと、感染者が増加した要因は多かった。政権は変わったが、過去の政権が行ってきたコロナ対策の数々の過ちを総括した上で、出発するのが筋ではなかったのか。
例えば、国民皆保険という素晴らしい制度や、手厚い医療を誇る日本が、患者に自宅待機や自宅療養をさせる事自体がおかしな話ではなかったか。第二次世界大戦前の日本の話みたいである。

さて、今年は労働安全衛生法が施行されてから50年目にあたります。
労働災害は確実に減少しましたが、労働災害データにカウントされない現場の事故
があります。それは「一人親方」と言われる方達の被災です。彼らは労働者ではないから(事業主)、労働災害にはカウントされないが、実態は労働者と変わらず、報酬も一般作業者と変わらない人達も多い。労働者でないから被災し、死亡しても統計には載らない。これはどうなんだろうか。
世間の何が正しくて、何が間違いなのか 
「自分の眼を持つこと」がいかに大切であるか。改めて年頭に思うのである。

# by anzen-pro | 2022-01-02 00:07

007最新作「NO TIME TO DIE」を観た!

遅ればせながら、007最新作「NO TOME TO DIE」を観た。どうにもつまらなかった。
確かに、愛車アストンマーチンが武器になり、マフラーから忍者のように
まきびしをばら撒いたり、ヘッドランプがマシンガンになったりは楽しいし、Qと呼ばれる武器調達者から支給される武器も、目新しいのだが、しっくりこない。
その訳がわかった。ショーンコネリーが演じた頃の007は、全てが現実離れしていたのだ。しかし、今は、現実の方が映画を超えている。車は自動運転になってきたし、
時計が電話機になる時代だ。万年筆型の超小型カメラなど珍しくもない。
はるか数千キロ離れたアフガニスタン上空から無人機がターゲットにミサイルを的中させることができるし、しかも操縦はアメリカ本土でやっているのだから。
昔と変わったことがもう一つある。武器商人が狙うのが核から細菌兵器に変わってきたことだ。トムクルーズのミッション:インポッシブルもそんな内容だったような。
コロナの時代だ。
007最新作「NO TIME TO DIE」を観た!_e0186438_22495711.jpeg

# by anzen-pro | 2021-10-21 22:51

映画「MINAMATA」を観た。

水俣病という公害を世界に知らしめた写真家故ユージン・スミスをモデルにした映画「MINAMATA」を観た。主人公を演じたのは「パイレーツオブカリビアン」の
ジョニー・デップである。
今、当社はアーク溶接の関係で「特定化学物質作業主任者」の講習を数多く実施しているが、実はこの法令は水俣病のような公害問題を契機にできた法令である。
若い受講者の皆さんは、公害問題といっても何のことかわからずじまいでしょう。
高度成長経済の旗印の下で、国民の健康などは犠牲にされて、企業は大きくなってきた。「四日市ぜんそく」や「イタイイタイ病(富山)」などが典型である。

映画「MINAMATA」を観た。_e0186438_19195894.jpg
かつて、有機水銀を含む工場排水を垂れ流し、漁師だけでなく、多くの地域住民を悲惨な目に遭わせた水俣病は、未だ終焉をしていないという。国は認定基準を厳しくして、多くの認定申請者を門前払いにしている。
(9月20日付け日経新聞)

自民党総裁選が終わり、総理大臣が代わる。誰になってもよいが、政治家である前に 人の痛みがわかる人間 であってもらいたい。


# by anzen-pro | 2021-10-01 19:21

コロナに打ち勝つ?Tokyo五輪

明日12日から東京はまた、緊急事態宣言下に入る。オリンピックは11日後である。ここにきて東京の感染者は増加傾向にある。そして福島は無観客での開催となった。

多くの人は思っている。「復興五輪」など取ってつけたようなものであって、本気に被災地のことなど考えてはいないのだと。

21世紀の日本で、医療先進国と言われるこの国で、病院に収容できずに容体が悪化し、自宅で死亡する人がいる。大阪の知事は昨年、「病床トリアージをする」と宣言した。

要するに「命の選択」である。「生存の可能性の低い人」は見殺しにするということである。

こういう状況で五輪をするのでしょうか?そのお金をコロナ対策に回せば、病床は増やせるし、多くの命が救えると思うのは私だけだろうか。

やっていることは「緊急事態宣言での人流の抑制」と「ワクチン頼み」でしかない。


ワクチンも十分あると言っておきながら、職域接種は新規受付停止、ファイザー製のワクチンも来月以降供給が減少する等迷走を続ける日本国。

昨年の2月の段階で、今のような状況は十分に予想された。今、テレビに出ている専門家の方々は、あの当時、「このウイルスは人から人には感染しない」

「すぐに終息するだろう。」と言っていた方々である。発生源の国の言うことを疑いもせずに・・・・

イギリスの首相ポリス・ジョンソンは新型コロナウイルスについて「最初の数週間、数ヶ月は理解していなかった」「違うやりかたができたかも知れない」と反省の弁を述べた。

この国の為政者は、反省という言葉を知らない。

果たして「コロナが打ち勝つTOKYO五輪」とならなければいいが。

# by anzen-pro | 2021-07-12 00:06

  

このページ上部へ

このページ上部へ