ブログトップブログトップ | ログイン

「誰もいない海」でなくて「誰もいない街」

緊急事態宣言の解除が今月31日まで延長となりました。予想通りですが、各県の状況を踏まえて、少しは様子が変わるでしょう。

さて、トワ・エ・モワの歌に「誰もいない海」というのがあります。(古いなあ)

今は「誰もいない街」です。自粛が徹底されています。私はこれに一抹の危惧を抱いています。

時の政府や権力者が右を向けと言ったらみんな右を向く状態です。確かにコロナの問題があるから・・と言えますが。

日本国民ってよく言えば素直なんでしょうか。
「誰もいない海」でなくて「誰もいない街」_e0186438_10514149.jpg

「自粛警察」という言葉も生まれました。昔の自警団ではないですか。

あの、太平洋戦争の戦時下で灯火管制が敷かれ、電気がついている家に、自警団が電気を消せと巡回したり、軍事訓練に参加しない家族は村八分にされたりと。
(誤解されると困りますが、私は戦後生まれですよ。)

似たようなことが起こっています。



# by anzen-pro | 2020-05-05 10:54

オンライン教育をライブで行う訳は・・・


コロナウイルスによる新型肺炎が世界を席巻しています。

5月4日にはどうやら緊急事態宣言が延長されるようです。

こんなG Wを誰が予測したでしょうか。

あらゆる仕事が影響を受けていますが、当社も例外ではなく、技能講習や出張講習は中止としており、企業経営上大きな危機を迎えています。

そこで、オンラインによる特別教育を始めました。4月30日には第1回のオンラインライブ教育を実施しました。

当社のオンライン教育はライブで行います。テレビの生放送と同じです。

現在行われているオンライン特別教育はeラーニングであって、好きな時間に各単元を視聴して、1ヶ月以内に全過程を視聴すれば修了証を発行するというものです。これに、ついて厚労省が まった!をかけました。

法定特別教育をオンラインで行う場合は、法令で定められた時間を全て受講したことが条件となります。ということは、個人が各々の場所でP Cやタブレットで受講する場合には、必ず画面の前で離席せずに、配信されたものを視聴することが条件となります。それを担保した上で行わなければ修了証を発行できないと。(本年3月26日付厚労省通達)

そこで、当社ではライブ配信で行う特別教育を全国で先駆けて実施いたしました。

受講者の確認はズームというソフトで行います。ぜひ、ご活用ください。

# by anzen-pro | 2020-05-02 17:40

新型肺炎への疑問

日を追うごとに日本での感染者が増えている新型肺炎だが、ネット上では生物兵器では?
という説が流れています。

平成6年、長野県の松本市で正体不明の毒ガスで6人が死亡した事件があります。のちにオウム真理教のしわざとわかるまで、警察は迷走をつづけ、マスコミも警察発表を盲信し、冤罪事件まで引き起こしました。
サリンは、第二次大戦時に旧ドイツ軍が、じゃがいもの農薬から作り出した毒ガスですが平和ボケした日本ではそんな知識もなく、ついには地下鉄サリン事件に至るのです。

強力な感染力に対して、果たして、マスクや手洗いで予防できるのか。そもそも感染経路がはっきりしないので、対処方法がわからない。空気感染ではないのか?という疑問があります。
さて、武漢には中国科学院武漢病毒研究所があるそうです。動物実験で未完成のまま流出したので、高齢者には死をもたらすが、若い人は回復する?クルーズ船に応援と称して自衛隊の医官はじめ部隊が乗り込むのも考えたらおかしい?民間の医療部隊で良いのでは?
エイズウイルスの治療薬が効くと報道されました。エイズウイルスも細菌兵器という説も根強いのです。さてさて、真相はいずこ?

# by anzen-pro | 2020-02-16 02:22

映画「新聞記者」

6月28日に公開された映画「新聞記者」を見た。興行収入2億円を突破したらしい。もう7月14日なので、1日2回しか上映していなかったが、休みということもあってか、この種の日本映画「新聞記者」_e0186438_00293184.jpg映画では珍しく1/4ぐらい入っていた。

東京新聞の女性記者(菅官房長官と対決した)の本が原作である。メディアの真髄は批判精神であるが、それを忘れたメディアがいかに多いか。

僕らは中国を反人権国家というが、それは手法が未熟で露骨だからわかりやすいのである。この映画に出てくるどこかの国は、見事に巧妙なのである。

東京では公開以後満席の映画館が多かったとのこと。

こんな硬派な映画(笑うところは全くない!)にそれなりに観客が集まるということは、まだ、日本も捨てたものではない

# by anzen-pro | 2019-07-15 00:34

こどもしょくどう

こどもしょくどう_e0186438_20193726.jpg
「こどもしょくどう」という映画を観ました。監督の日向寺太郎氏は我が高校の後輩です。
松田聖子が出演した「火垂るの墓」の監督でもあります。
以前、「万引き家族」について書きましたが、この映画も社会の矛盾を突いた映画です。
封切り日の翌日、映画館に足を運びましたが、お客さんは2.3人でした。
東京の岩波ホールでの封切り日には舞台挨拶に常磐貴子が来たせいか、満員だったらしい。
子役の鈴木央はよかった。大河ドラマ「八重の桜」の綾瀬はるかの子供時代を演じた彼女は
ちょっと大人になってました。目の演技がいい。
こういうシリアスな映画が受けないのが今の日本です。「万引き家族」もカンヌ映画祭で受賞しなかったら
閑古鳥が鳴いていた映画だと思います。新元号の「令和」で万葉集が品切れになるというのもどうかな?
と思うこのごろです。

# by anzen-pro | 2019-04-05 20:20

  

このページ上部へ

このページ上部へ