ブログトップブログトップ | ログイン

映画「ジェイソン・ボーン」

e0186438_10164887.jpg
しばらくぶりに連休となったので、映画を観ました。

趣味は?と聞かれるとほんとは「パチンコ」ですが、ちと恥ずかしいので、

見栄を張り「映画」と答えます。

「ジェイソン・ボーン」はあの、ホラー映画のジェイソンではなく、

「ボーン・アイデンティテイ」等のシリーズ物最新作です。

個人的には主役のマットディモンは好きな俳優です。決してイケメンではないのですが、影がある主人公の役柄には向いています。

 圧巻は最後のカーチェイスですね。今回はCIAと世界的なIT会社が組んで、個人情報の監視システムをつくるという悪事が伏線にあるのですが・・・

 スノーデン事件という言葉もチラッとでてきます。

 しかし、かつての「24」というドラマではないですが、防犯カメラと衛星を使うと、ターゲットは完全に把握できるんです。映画の世界は現実だと思います。

「ドローン・ウォー」という映画では、米国の基地でアフガニスタン上空の無人飛行機を遠隔操作し(1万キロも離れている!)特定したテロリストをミサイルで攻撃するシーンがありました。実際に行われているんですね。この技術を使えば、どこかの国の刈り上げ頭のいかれたアンチャンは即刻××でしょうけど。

 個人情報は漏えいどころではなく、映像でもすでに管理されている現実を僕らは知らなきゃ・・ということを改めて確認した映画でした。


by anzen-pro | 2016-10-10 10:20

<< 大川小学校津波訴訟に思う    6月は安全大会シーズンです。 >>

このページ上部へ

このページ上部へ