ブログトップブログトップ | ログイン

2009年に別れを告げて・・・

大晦日になりました。今年はあと2時間も残っていません。仙台は雪がちらついてます。
2009年の大きな出来事は、やはり政権が変わったことでしょう。来年もこの混乱は続くと思いますが、とにかく、経済が好転してくれないと、前へ進めません。当センターのトップニュースは、創立20年を迎え、節目の年となったことです。すでに書きましたが、柳田邦男先生の記念講演には約300名の方がいらっしゃいました。多くの皆様のご協力があって実現できたことでした。さて、今年はチェンジの年でしたが、来年はぜひチャレンジの2010年に・・・(どっかのCMにあったような)拙文をご愛読いただき、感謝申し上げます。
*写真は「仙台光のページェント」
e0186438_22541561.jpg

by anzen-pro | 2009-12-31 22:56

師走に事故が!

e0186438_12332873.jpg
12月24日、大阪の工場で爆発事故があり、4人の方が亡くなりました。三フッ化ホウ素は水と爆発的に反応するため、湿気も厳禁となっている。タンクの清掃に使用した水と化学反応して水素が発生、電動工具の火花が引火したらしいとのことですが、調査の結果が出ないと真相はわかりません。報道によれば、こういう作業を行うことを監督者が報告をうけ、承認していたということが、大きい問題だと思います。だいぶ前ですが、こんな事故もありました。「共同溝の建設工事で、狭い場所に発電機を持ち込んで、水中ポンプの電源にしていたところ、一酸化炭素中毒で倒れた。」というものです。調査をしたら、前日の打ち合わせでは、元請からは、何の注意もなかったとのこと。一酸化炭素中毒って意外と知らない方多いんです。最近では例の結婚詐欺女が練炭使ってますね。厳寒地では、マイクロバスのヒーターだけでは暖まらないので、車内で練炭で暖をとることをしていた。お昼を食べ、昼寝したら、そのまま、永遠の眠りにつくことになってしまうのです。

by anzen-pro | 2009-12-28 12:34

「24」

「24」ときたら、そう「24(トゥエンティーフォー)」でしょう。「サム」ときたら海物語「マリンちゃん」と同じです。(笑) 何のことか分からない方すみません。で、米国のテレビドラマ「24」ですが、シーズン1から最新のシーズン7まで、すべて見ました。シーズン7は生物兵器の奪還を巡ってのストーリー。地下鉄のなかで、時限装置付きの容器を探すシーンは、17年前の日本のあの事件を髣髴させます。地下鉄サリン事件では傘の柄でビニール袋を突いて発生させた。今はタイマーやリモコン、パソコンでの遠隔操作も可能でしょう。
イラク戦争のとき、駅や新幹線のゴミ箱は封鎖され、車内アナウンスでは不審物への注意が頻繁に呼びかけられた。今、何事もなかったかのように、ふだんの生活ができるのは喜ばしいのですが、日本の国はほんとうに「安全」なの?
e0186438_10212757.jpg

by anzen-pro | 2009-12-19 10:23

玉掛け実技講習

12月12日、雨の中、玉掛け実技講習を実施しました。受講者は全員真剣です。最後に修了試験があり、不合格の場合もあるからです。ベテランのS講師はさすが、ポイントを押さえた指導をしてくれます。受講者の皆さんはe0186438_23311732.jpg、このときの気持ちを忘れずに、まさに初心に帰って現場で作業をしてもらいたいと思います。夕方、雨も上がって、試験も無事終了しました。全員合格かな・・・?

by anzen-pro | 2009-12-13 23:34

富士山

12月4日の朝、富士山が見えました。ホテルの窓から撮ったので、写りが悪いのですが、見えますでしょう。
プチ感動するのは、やはり日本人なんでしょうね。あっ言い忘れましたけど、東京の朝です。まさか仙台からは見えない!
e0186438_18112548.jpg

by anzen-pro | 2009-12-06 18:13

柳田邦男氏講演会

12月にはいりました。今年もあと少し。2009年を振り返る作業にそろそろとりかかろうか・・・ということです。
なんといっても、当社の創立20周年記念講演会です。柳田邦男先生をお招きして、5月20日に開催をしました。一般の方にも開放して、270名の方に来場いただきました。先生には予定の時間を大幅に上回る2時間超のご講演をいただき、大感激でした。「安全、安心」社会の実現のためには、多くの災害事例に真摯に学ぶことが大切だということを改めて痛感しました。e0186438_0172994.jpg<brclear=all>e0186438_0194993.jpg

by anzen-pro | 2009-12-04 00:21

  

このページ上部へ

このページ上部へ