ブログトップブログトップ | ログイン

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懐かしい味?

宮城県女川の女川原子力発電所構内で研修中です。ホテルのレストランのメニューに鯨の竜田揚げがあつたので、注文(写真)。でも、昔食べた給食のあれとは大違いでした。無性に食べたくなるのが鯨の大和煮缶詰。通信販売でもあるので、買ってみようかと思います。昭和は遠くなりにけり。
e0186438_20344813.jpg

by anzen-pro | 2010-01-28 20:35

一面の銀世界

昨日15日、八幡平のホテルで某社の事業主研修を担当しました。盛岡から高速道路で約1時間走ると、そこは一面の銀世界。(写真はホテルの駐車場)。高速道路は、普通タイヤで走れる状況でした。以前、旧道路公団の方から聞いた話では、「福島以南を雪が少し降ると通行止めにする理由は、関東から普通タイヤで走ってくるドライバーがいるから」とのこと。そういえば、宮城から北は通行止めってあまりないかも。この時期、鉄道や道路を管理する立場のみなさんのご苦労に頭が下がります。
e0186438_23324473.jpg

by anzen-pro | 2010-01-16 23:34

青信号の発想

ブログをちょっとさぼってました。すみません。年明け早々、現場の安全大会や酸欠特別教育があり、例年になく忙しく動いてました。車を走らせていると、信号待ちは避けられません。「安全」の考え方に「安全確認型システム」と「危険検出型システム」があります。前者は、青信号の考え方。青でゴー。すなわち、安全が確認されて初めて作業が可能となるシステムです。安全か危険かわからない、その中間のグレーゾーンでも、一切作業は不可となるシステム。これに対して、危険があったら、すぐ非常停止ボタンで作業を止めようというのが、「危険検出型」。
e0186438_041224.jpg
これは赤信号の発想。従来の安全対策は「危険検出型」なので、イザというとき、だいたいが間に合わない!ということになる。
「安全確認型」は、場合によってはムダだったり、取り越し苦労に終わるかもしれません。「安全は全てに優先する」とは、まさにこのシステムのことであり、けっこう重たい言葉ではないでしょうか。

by anzen-pro | 2010-01-13 00:06

2010年の生き方

あけましておめでとうございます。昨日2日に高校の同期会があり、数年ぶりの人、卒業以来40年経って初めて会う人いろいろでした。同期の人間が母校の校長先生というのも楽しいはなしです。僕らの年齢になれば、第二の職場の方もいれば、リストラされ、求職中の方もいる。親の介護でたいへんな人もいる。来年は還暦ですもん。恩師は80歳を超えても、なお元気でありました。英語教師の彼が語るには「年をとったら、歎異抄とか、哲学の本は読むな!ポルノグラフィーを読め!」とのこと。なるほど・・・。英語は得意ではなかったが、暗唱しろといわれ、できなかったら、Go to the Yagiyama Zoo と怒られ、今でも覚えている短文がある。  
 [Never put off until tomorrow what you can do today]
これが今年の目標です。(写真は仙台市内 1月2日撮影)
e0186438_1115531.jpg

by anzen-pro | 2010-01-03 11:05

  

このページ上部へ

このページ上部へ