ブログトップブログトップ | ログイン

そいなんでいいのすか?2

e0186438_21503989.jpg
世の中には“見かけ倒し”というのがありまして、お金持ちに見えても、実は多重債務者だったり、人格者に見えてもセクハラ(パワハラ)親父だったり。数年前の話。その地方都市では一番の、洒落た立派なホテルでした。研修会場の近くなので、そこで昼を食べていたときのこと。お客に出た料理の中に傷んだものがあったので、そのお客がサービススタッフに「これ、ちょっとおかしいよ」と言ったら、「少々お待ち下さい」と言ったきりで、何の対応もない。詫びたうえで、代わりの料理を持ってくるでもない。しびれを切らしたお客は、「料理長を呼んで!」と言ったら、出てきたのは、あちこちシミをつけた汚れたエプロンをつけた男で、どう見てもホテルの厨房のシェフのイメージではない。「今日は料理長はいません。決して傷んでるわけでなく、そんな味です・・」みたいないいわけをしてた。お客は声を荒げて「このホテルはどうなってるんだ!お客の前にそんな汚い格好で出てきて・・・。支配人を呼べ!」とエスカレート。最後はホテル側で詫びをいれて、落着したんですが、クレーム対応、顧客サ-ビス、何にもわかっちゃいない。こんな例多いですよ。

by anzen-pro | 2010-03-28 21:51

エメラルド・グリーンの川!

先週、岩手県一関郊外の現場に安全パトロールで行きました。2008年6月の岩手・宮城内陸地震で崩落した山、土砂で埋まった河道の復旧工事です。工事も最終段階です。川は写真のように、絵の具を溶かしたようなきれいな色です。これは上流の須川温泉のお湯が流入しているからとのこと。おそらく成分は硫酸塩でしょう。雪が溶けて、これからは山菜採りのシーズンに入ります。
e0186438_0222580.jpg

by anzen-pro | 2010-03-23 00:23

そいなんでいいのすか?

月に1回行かねば健康保険が適用されないので、通っている医者があります(開業医)。そこは、最近とみに混んできて、1~2時間待ちはざらですので、携帯で順番が近くなると呼んでくれるシステムをとってます。
で、今回、最初に受付で、1時間待ちといわれ、携帯NOを記入して、車で離れ、他の用事をしながら呼び出しを待ってました。1時間超えても鳴らない!で、もう順番だろうからと行ってみたら、いきなりe0186438_21345173.jpg受付で呼ばれた。
「電話来なかったですよ(心の中で「忘れたんでしょ」)」とちょっと不満げに事務の人に言ったら、「患者さんが多くて忙しくて・・」のいい訳。おいおい、最初の一言は違うんじゃないの「すみません!」「申し訳ありません!」でしょう。新人の女性でしたが、忙しいのはこちとらもよくわかっているの。このいい訳で世間を渡れると思ったら、甘いよ!これから社会に出る方、お願いしますよう。

by anzen-pro | 2010-03-15 21:37

大都会PARTⅡ

当センターの東京研修会場が、3月1日から西新宿の住友不動産ビル(新築)に移転しました。(写真いちばん右端の黒いビルです。)周りは高層ビル街です。田舎の僕らにとっては、渡哲也が主演した「大都会・・・」というドラマで見た
あの景色ですわ。(古いなあ・・・)
e0186438_11461284.jpg

by anzen-pro | 2010-03-07 11:48

支倉常長

女川に行く途中に「月の浦」という名所旧跡があります。伊達政宗の命を受け、ローマに遣わされた支倉常長はここから出帆したとのこと。遠藤周作の「侍」という作品はこの支倉常長をモデルにした作品ですが、かの地で壮絶な苦労を重ねて、日本にやっとの思いで帰ってみたら、時代は反キリシタンとなっており、報われることなくその生涯を終えてしまう・・というような内容だったと思います。読み応えがあった作品でした。
(写真は月の浦周辺)
e0186438_23553968.jpg

by anzen-pro | 2010-03-05 23:56

  

このページ上部へ

このページ上部へ