ブログトップブログトップ | ログイン

新幹線の新しい車両はここが違う!

e0186438_0143194.jpg
飛行機のことを書いたが、今度は鉄道の話。昨日乗った東北新幹線ですが、あれ?なんか違うと思ったら、新しい車両でした。まず、席の番号、記号の表示が大きい。ドアの上の何号車という表示も前の3倍ぐらい大きい。飛行機と同じように読書灯がついてる。そして、なんとAC100Vのコンセントがついている!(窓の下の足もと付近)便利な設備はもちろんいいのですが、それより、文字が大きいだけで、安心感があります。(年を取ると特に感じるわい。)何で最初からやらなかったんだろう。費用はそんなに変わらないでしょうにね。

by anzen-pro | 2010-07-27 00:18

子供はみんな飛行機が好き・・・

e0186438_22515760.jpg
先日、飛行機の整備を担当するメンテナンスセンターの方々の教育のため、羽田空港に行ってきました。ここは子供の見学も受け入れているので、掲示板には全国の子供たちからのお礼の手紙がありました。鉄男や鉄子という鉄道マニアのお子たちがいますが、飛行機好きなお子たちは飛行(ひこう)少年か。なんか素行が悪そう・・・あ、ごめんなさい。仕事が終わり、私もドック(というそうです)を見学させてもらいました。ジェットエンジンに鳥が入り込むバードストライクで事故も起こります。エンジンの羽が見えますが、その内側にもう一つ羽がありそれもクリアーして鳥が入り込むと大変なことになるそうです。(写真)それにしても、間近でみる飛行機は大きかった!垂直尾翼の中にエンジンがあるというのも、今回初めて分かりました。この猛暑の中、狭い燃料タンクの中に入っての仕事などは大変と伺いました。メンテナンスの仕事も危険・有害作業だらけです。どうぞご安全に。7/22
e0186438_22501875.jpg


by anzen-pro | 2010-07-22 22:55

全国安全週間も終わりましたが・・・・

足場の資格で電話をもらいたい・・・とのことで、電話したら、いきなり英語でこられた。そのうち、日本人に変わったので、よく聞けば、和歌山沖の海底調査船からとのこと。船の上に足場を組むので、改正規則による点検者の研修を受けたいという趣旨でした。WEBで調べて電話したとのこと。まさか、海上には行けないので、港に着いたらやりましょう、ということになりました。
さて、安全週間も終わり、建設業の昨年の労災死亡者は371名ということで、大きな減少をみたというのが、今年のトピックでした。でも、就労人口からいえば、製造業は10万人あたりの死亡者1.6人なのに建設業は7.2人と4倍なのです。出発点から多すぎたのでしょう。まだまだなのです。
e0186438_20554892.jpg

by anzen-pro | 2010-07-15 20:57

あんなことも、こんなこともやってる会社です。

e0186438_1151758.jpg
「私たちは単なる研修会社ではありません!」とトップページで謳っているように、安全衛生教育だけでなく、企業の安全衛生活動を支援、コンサルする仕事も私たちの仕事です。40数社の契約建設会社の安全パトロールの実施、災害防止対策の指導を20年にわたりやってきました。また、元請ゼネコンの依頼により、工場新築工事、大規模リゾート開発工事(仮設道路築造からスキー場、ホテル建築まで)等の安全指導をも手がけてきました。国交省発注工事の安全教育等の依頼も多い昨今です。公的機関でもないのに、こんなことを行っている企業はめずらしいといわれます。(だから、事業仕分けとは無縁です。)
毎日、講師の誰かはどこかの現場に行ってます。かくいう所長の私もたまには現場に行きます。
先日、JR東日本様発注の現場に行きましたら、元請職員が写真のような無線機を下げてました。これは電車が接近するとアナウンスが入る機械です。「上り電車接近3分前・・」という具合に。過去には蝕車事故で多くの命が失われました。人間の注意力に頼るのではなく、機械や設備で安全を確保する本質安全の考え方の表れです。

by anzen-pro | 2010-07-09 01:26

  

このページ上部へ

このページ上部へ