ブログトップブログトップ | ログイン

大震災から5ヶ月が過ぎ、いろんなことが出てくるぞ・・・

昨日で大震災から5ヶ月が過ぎた。家から多賀城市の花火の大輪が見えた。今朝(12日)のめざましテレビでその多賀城市の近くの七ヶ浜町の様子が映っていたが、海岸のコンテナやガレキは、私が訪れた震災当時のままであった。都市の沿岸部を除いて復旧はまだまだだ。

そして、また午前4時前に地震が来た!揺れてる最中はいつも、「この揺れが大きくなったらヤバイ!」という不安にさいなまれる。健康に良くないよなあ・・。

必ずあるだろうと思っていたことが起きた。今朝のA新聞の「お詫び」。
被災地にとどまり、不眠不休でがんばる救命救急医。しかも、本来は外国の医療機関の医者?カッコイイし、絵になるもの。被災地で医師を騙り医療行為を行っていた不届き者を見抜けない大新聞の記者も記者だ。本人がマスクを取らない写真もおかしくないかい。

もっとも、世の中は偽物ほど本物以上に本物らしく見えるのである。診察してもらった人から「とてもやさしくて、腕のいいいいお医者さんでした・・・」なんてコメントが出てくるかも。e0186438_18145121.jpg

現場でも、無資格のオペレーターほど、重機の操作がうまかったりするんです・・・おいおい気をつけなきゃ!(写真はちゃんと有資格者が操作してました。)

by anzen-pro | 2011-08-12 18:19

「マイバックページ」と週刊朝日

e0186438_11232437.jpg
映画「マイバックページ」は5月封切りだったけど、最近観た。マツケン(サンバの彼ではないよ)は太ってしまったなあ。

「デトロイトメタルシティ」の彼はどこへ行ったやら・・・。この映画はよかった。小川ローザじゃなくて、加藤ローサもよかった。(結婚したか。。。)

そうそう、「マイバックページ」のあらすじは置いといて、「週間朝日」と思わしき(映画では「週間東都」)週刊誌の表紙モデルとの絡みを観て、これはもしかして実在し、自殺した女性のことではないかと思った。

案の定、ネットで調べたら、彼女の名前も出てきた。その後、モデルから女優になったが、電車に飛び込んで自殺したらしい。

あの当時、毎週、「週間朝日」を読んでたのは、表紙を飾る彼女が楽しみだったからかなあ・・・・・定かではない。


(写真は昭和30年代の雰囲気が残る会社近くの店。1年中、冷やし中華が食べられまっせ)

by anzen-pro | 2011-08-07 11:24

「大鹿村騒動記」を観た・・・

今日で7月も終わりです。あと30分もないです。なんとか、今月中にブログを・・・と思い、今日観てきた映画のことを・・・

この映画、亡くなった原田芳雄が主演である。しかも、豪華キャストです。瑛太や佐藤浩市、松たか子が出てます。三国連太郎も出てるから親子共演。

石橋蓮司や岸部一徳の二人が脇を固めて、役者が全部揃ってる。久々に見応えのある日本映画だ。

実在するこの村歌舞伎もぜひ、観たい。

原田芳雄は、TBSテレビ「砂の器」で中居クン演じた和賀英良の父親役で出たのが印象に残っている。

葬儀では、石橋蓮司の弔辞らしくない弔辞が良かった。さすが、俳優だねえ。

by anzen-pro | 2011-08-01 00:08

  

このページ上部へ

このページ上部へ