ブログトップブログトップ | ログイン

「スーパーダイエー」今はなし

仙台のあおば通と東二番町の交差点にダイエーはあった。今はイオンになっている。

城山三郎の「価格破壊」という本はダイエー創始者中内 e0186438_2303422.jpg功をモデルにした本だ。スーパーマーケットの草分けはダイエーでしょう。1960年代初め、医薬品や日用品を安く売る、今のドラッグストアにあたる安売りの店からダイエーは始まった。

そしてまたたくまに急成長し、1980年には小売業界で初の1兆円企業となった。そのころのイオンやヨーカ堂はダイエーの足下にも及ばなかった。

中内ダイエーの失敗は、消費者の意識の変化と車社会の到来を見抜けなかったことではないか。

そういえば「松下・ダイエー戦争」というのもあった。安売りするダイエーに当時の松下電器は商品を供給しなかった。

かの松下幸之助も、判断ミスをしている。そのためにパソコン事業への進出に遅れをとった。

カリスマ経営者の功罪である。

by anzen-pro | 2016-03-29 23:02

  

このページ上部へ

このページ上部へ