ブログトップブログトップ | ログイン

「日本人のへそ」を観た

新型コロナ感染症はとどまるところをしらず、猛威を奮っている。宮城県で200人発生の事実に驚愕し、それからは100人を超える数字をなんとなく受け入れてしまう状況になった。
感染の拡大は国民の気の緩みから・・なんてことを言われ、なんら効果的な対策を出すことなく、飲食店の時短営業の「まん防」頼みではどうなることやら。
そもそも、感染ルートをきちんと調査し、感染パターンを明らかにして、国民がどういう行動をとればいいのか明示してもらいたい。お決まりのことだが、為政者は自らの政策を検証することをしない。東京都の感染拡大の原因はGOTOトラベルにあったことは誰もが知っている。

「コロナウイルスは世界的なテロだ」というくらいの認識が日本にあれば、違っていたと思う。ワクチンのことを例に挙げれば(接種券きましたが、ようわかりません!)
日本は欧米からかなり遅れての接種です。国の力を思い知らされます。(ファイザーは、欧米よりも高い価格で日本に売っている)

で、しばらくぶりに観劇。「日本人のへそ」は井上ひさし原作で1969年初演。今回は小池栄子と井上芳雄主演ですが、時代背景が1969年ですから、セリフの内容に若い人はついていけないでしょう。ストーリーは一言で言えないから省略です。舞台は、アメリカで研究された吃音症の治療法が演劇ということで、劇中劇のような形で始まるのだが、井上ひさし自身が吃音症でした。浅草のストリップ劇場でコント作家だった体験を織り交ぜながら、当時の世相と世の矛盾を、楽し悲しい音楽ミュージカルで表現しています。

忘れてならないキャストが朝海ひかるです。彼女は元宝塚トップスター。なんと、私の中学校の後輩ですがな(30年も下ですけど⤵️)
「日本人のへそ」を観た_e0186438_00384842.jpg

# by anzen-pro | 2021-04-12 00:40

日本という国は困った国だ!

日本という国は困った国だ!_e0186438_19112590.jpg
一連の騒動で森会長は辞任が報じられたが、後任と見られた川淵氏は政府が難色を示して、本人も辞退とか・・・(2月12日)

森氏が記者会見した時点で、政府は交代させるべきであった。そうすれば、

落ち目の菅総理大臣の人気も上がってさスガ、菅総理となったのに・・・


世の中の感覚と政治家の感覚がずれているから、「余人を持って代えがたい」と森氏をかばった人もいたし、誰も「猫の首に鈴をつける」人はいなかったんでしょうね。

自粛を呼びかけておいて、高級クラブに行っているお人たちだもの・・・

日本はデジタル化が遅れてるから、といって大臣の椅子を作ったけど、

遅れているのはデジタル化だけではないことを世界に示してしまった。

完全に世界標準から遅れているぞ。


コロナ対策は後手後手に回り、まだワクチン接種が始まらない。アメリカでは人口の1割、3,400万人がすでに受けたというのに・・


7月の東京オリンピックの開催に、世論も否定的な声が多い。無観客でもやらざるを得ないのは、企業が多額のスポンサー料を払っているからだ。

公平であるべきマスコミも開催を後押しするのは、大新聞もスポンサーになっているからである。


困った国である、我が日本国


# by anzen-pro | 2021-02-12 19:19

2021年、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

仙台は雪の元旦となりました。2021年、令和3年がスタートしました。まさにコロナに始まり、コロナであけた1年でした。4月、5月はクライアント様で予定していた研修の中止が相次ぎました。弊社主催の技能講習は人数を縮小するか、広い会場に変更して実施する等対策を講じてきましたが、コロナショックは予想を超え、経営は大きな打撃を被りました。それでも8月、9月以降は、中止にしていた新入社員安全衛生研修の実施等、先延ばしにしていた研修の実施が始まり、ようやく通常ベースに戻りつつある状況で年末へ突入という状況でした。
講演で新型コロナウイルス感染症について話す機会も多くなりました。調べていくうちに、日本で初の感染者の確認は1月16日(武漢の封鎖前)、この第1号の患者から4人まで全て中国人(武漢から帰国の)であることもわかりました。こういう事実も知らされないまま、また、個人情報を理由に具体的な感染ルートも知らされないまま、東京で感染者が1,300人を超えた、スティホーム、三密回避等の国の情報に踊らされている私達がいるのではないでしょうか。

中国の女性作家 方方(ファン ファン)氏の著作「武漢日記」から
「ある国の文明度を測る基準は、どれほど高いビルがあるか、どれほど速い車があるかではない。どれほど強力な武器があるか、どれほど勇ましい軍隊があるかではない。どれほど科学技術が発達しているか、どれほど芸術が素晴らしいかではない。ましてや、どれほど豪華な会議を開き、どれほど絢爛たる花火を上げるかでもなければ、どれほど多くの人が世界各地を豪遊して爆買いするかでもない。ある国の文明度を測る唯一の基準は、弱者に対して国がどういう態度をとるかだ。」
2021年、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。_e0186438_18454780.jpg



# by anzen-pro | 2021-01-02 18:46

戦後75年で思うことは・・・


8月6日のN H Kスペシャル「証言と映像でつづる原爆投下・全記録」を観た。

原爆を落とした側、落とされた日本、当時の米国の責任者や日本の中枢政治家等にインタビューした記録や資料に基づき構成された番組であった。


米国は昭和20年5月の時点で、この大量殺戮兵器を使用することを決定していた。

日本はポツダム宣言を突きつけられても、本土決戦を主張する陸軍を説得できず、いたずらに日にちが過ぎていくなか、ついに原子爆弾の投下という悲劇に見舞われる。


「アメリカがあんな無慈悲な爆弾を使うとは思っていなかった・・」と吐露したり、「米国が本土を攻めても水際で叩けば、時間を稼げる」と、学生や女性に竹槍で藁人形を突く訓練をさせていたのだから、呆れるにもほどがある。これが政権中枢の人間の言葉である。

まともに考えたら、おかしなことでも、通ってしまうのが政治なのだろう。コロナ対策で全世帯にマスクを配るという、おかしな政策に反対する声は政権内部になかったんだろうか。「物言えば唇寒し」という世界だろう。75年前とどうしても被ってしまう。


日本は敗戦から占領下となり、形は独立国ではあるが、米国の国益は日本の国益に優先する状態で今に至っている。

世界で唯一の被爆国でありながら、広島、長崎の原爆で50万人もの人が亡くなっているのに(戦後から今日まで後遺症でなくなった方を含む)、「核兵器禁止条約」に参加を拒否し続ける日本がある。


# by anzen-pro | 2020-08-14 12:55

まず、事実から始めるべきでしょう。

新型コロナウイルスによる感染者数が東京では3日連続で200人を超え、一体この病気の収束はいつになるやら・・と思わざるを得ません。

日本では「新型肺炎」と呼ばれていたものが、いつの間にか「新型コロナウイルスによる感染症」ということになりました。肺炎というと重篤な病という印象は薄く、薬で治癒できるものという感じです。「新型肺炎」という呼び名は中国から発せられたものですが、アメリカでは当初から感染症と言う言葉を使っていました。

日本での最初の感染者の発見は1月16日です。武漢滞在後日本に帰国した30代男性(中国人)でした。第2の感染者も武漢から帰国した中国人でした。

なんと5人目まで、武漢から日本に来た中国人で、6人目が中国人観光者のツアーバスの運転手の日本人でした。

韓国では感染者の4人目までが武漢から入国した中国人、アメリカも2人目までが武漢から帰国したアメリカ人でした。

中国当局は1月23日に武漢を閉鎖しましたが、情報は事前にもれて、前日には500万人の中国人が出国したと言われています。ちょうど春雪という

中国のお正月の時期でした。

一体、この新型コロナウイルスはどうして発生したのか?ということの究明なくして


何をするというのか?事実からはじめるべきでしょう。


# by anzen-pro | 2020-07-12 11:01

  

このページ上部へ

このページ上部へ